/

この記事は会員限定です

釣り具の技、介護機器に がまかつが排せつ補助ロボ

さおのしなり・縫製を応用 新分野、成長の足場

[有料会員限定]

釣り具大手メーカーのがまかつ(兵庫県西脇市)は介護機器事業に乗り出す。釣りざおのしなりやライフジャケットの縫製など釣り具製造の技術を生かし、介護ロボットを今夏にも売り出す。新型コロナウイルス禍でのアウトドア人気で本業が好調に推移する中、成長の足がかりをつくる。

開発したのは歩行や自立が困難な要介護者の排せつ動作を補助する「SATOILET(サットイレ)」。天井からつるした姿勢保持用のアームにナイロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン