/

この記事は会員限定です

学生寮でリアル交流

コロナ下で入居広がる 自己成長プロジェクトも

[有料会員限定]

大学生の間で複数の大学の学生が集う学生寮に入居する動きが広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大で学生生活が制約を受けるなか、学生同士がリアルに交流できる場として見直されているためだ。リーダー格の寮生が寮内の企画などを通じて自己を成長させるプロジェクトも実施されるなど、学生寮の活用が今後も進みそうだ。

法政大3年生の三浦彩梨さんは2020年10月、東京都小平市にある学生寮「チェルシーハウス国分寺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン