/

この記事は会員限定です

バスで稼ぎ鉄道の赤字補填 北陸鉄道、収益構造崩れる

コロナ禍、観光需要消える 経営改善の糸口探る

[有料会員限定]

北陸鉄道(金沢市)が収益改善への糸口を見つけられずにいる。金沢市を中心とする観光需要で上げた収益で鉄道の赤字をうめる事業モデルは、コロナ禍で崩れた。県外資本が筆頭株主で、地元自治体と一体となって支えるといった雰囲気も醸成されづらい。インタビューに応じた宮岸武司社長は「自治体からの支援があるべきだ」と話す。

同社の事業はバスと鉄道からなる。収益源は貸し切りバス、金沢―名古屋間などの高速バスといったバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン