/

この記事は会員限定です

育休が促す企業改革のドミノ

論説委員 辻本浩子

[有料会員限定]

職場と家庭を変える起爆剤になるかもしれない。改正育児・介護休業法がこのほど成立した。男性が育休を取りやすくする仕組みが盛り込まれている。

現状は厳しい。女性の取得率が8割を超えるのに対し、男性は7.48%だ。厚生労働省の2020年の調査では、育休などの制度を利用しようとした男性社員の4人に1人が職場でハラスメントを受けていた。長時間労働や人手不足、「育児は女性の役割」という意識など、壁は多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン