/

この記事は会員限定です

「マッチング時代」に遅れるな

りそなアセットマネジメントチーフ・ストラテジスト 黒瀬浩一

[有料会員限定]

デジタル化は長く日本の経済や社会の課題と言われてきた。しかしIT(情報技術)の進展で可能になったマッチングこそデジタル化の核心であるという理解は十分に広がっていない。マッチングの普及を阻む、日本的な「仲介」の存在に注意を促したい。

需要と供給を引き合わせるマッチングの代表例は米ウーバーテクノロジーズだろう。位置や価格のデータを即座に乗客や運転手に提供し、効率的な市場を実現している。マッチングはいま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン