/

この記事は会員限定です

「東芝、コンプラ意識欠如」

取締役会議長、経産省との関係緊密

[有料会員限定]

東芝の2020年定時株主総会が公正に運営されなかったとする調査報告書が公表されたのを受け、社外取締役で取締役会議長の永山治氏(中外製薬名誉会長)が14日記者会見した。問題視された東芝と経済産業省の緊密な関係について、永山氏は「コンプライアンス(法令順守)意識が欠如していたと言わざるをえない」と総括した。(関連記事総合2ビジネス面に

「取締役会全体として指摘を重く受け止めている」。永山氏は会見の冒頭こう述べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン