/

この記事は会員限定です

交流戦「パ優位」異変 セ健闘、4球団勝ち越し

阪神、野手で世代交代進む ソフトバンク、看板打線が沈黙

[有料会員限定]

2年ぶりに開催されたプロ野球の日本生命セ・パ交流戦は、これまでとは勢力図が変わる様相となった。13日時点で対戦成績はセ・リーグの48勝46敗11分け。リーグ下位だったオリックスが優勝を決めた一方、交流戦得意のソフトバンクが大苦戦するなど明暗が分かれた結果は、ペナントレースの行方にも影響しそうだ。(成績は13日現在)

勝ち越しを決めた上位6球団のうち4球団を、阪神、DeNA、中日、ヤクルトのセ勢が占...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン