/

この記事は会員限定です

「グリーンオペ」案は渡りに船

[有料会員限定]

世界の中央銀行首脳が参加した国際決済銀行(BIS)の国際会議でドイツ連邦銀行のワイトマン総裁が注目を集めた。金融政策の中立性を重視する観点から中銀の過度な気候変動対応に否定的だった立場を翻したためだ。

日銀は対応の検討を続け、必要なステップを進める」。この会議で日銀の黒田東彦総裁も、各国中銀と歩調を合わせるように気候変動対応に前向きな姿勢を示してみせた。ドイツ連銀の変節に日銀内では「想定以上に国際的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン