/

この記事は会員限定です

配偶者なし、認知症リスク1.71倍に

[有料会員限定]

富山大学は高齢者の婚姻状況と認知症との関連性の調査で、配偶者がいない場合、いるときと比較して認知症のリスクが1.71倍高くなるとの結果を発表した。脳卒中でも、リスクが1.81倍高くなる。

2014年に富山県で実施された「認知症高齢者実態調査」をもとに追加で分析した。調査の対象者は県内の65歳以上の高齢者の無作為抽出で選ばれた1537人のうち、調査の同意を得られた1303人。県では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン