/

この記事は会員限定です

スイーツや入浴剤… 酒かす活用 秋田で新商品

県主導でネットワーク 新たな機能性成分探る

[有料会員限定]

酒どころの秋田県で、醸造過程で生じる副産物の酒かすを活用する動きが広がってきた。県は7月、新たな活用法を探る研究会を立ち上げる。地元企業では加工食品に加え、入浴剤などに利用する試みがある。県中小企業団体中央会も企業の取り組みを後押しする。

秋田県総合食品研究センター醸造試験場は7月上旬にも、酒造会社と連携し「酒かす利活用ネットワーク」(仮称)を組織する。県酒造協同組合員の34社に参加を呼びかけ、利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン