/

この記事は会員限定です

<コロナで変わる医療>肺炎診断、専門医に迫るAI

CT画像 遠隔読影も広がる

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の診療で、コンピューター断層撮影装置(CT)の画像の活用が進んでいる。PCR検査よりも早く感染の可能性が分かったり、重症度や治療効果の判定に使えたりする。その後押しとなるのが人工知能(AI)や遠隔読影などの診断支援技術だ。画像診断医の不足を補い、コロナと戦う全国の医療現場を支える。

「判定精度は専門医に引けを取らない」――。聖マリアンナ医科大学病院(川崎市)の松本純一救急放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン