/

この記事は会員限定です

パネル討論 コロナ時代の文化交流

メンドーサ氏 互いの違い受け入れる/吉本氏 オンラインで機会創出

[有料会員限定]

山内氏 人類は大きなパンデミック(世界的大流行)をこれまで何度も経験してきた。新型コロナウイルス禍のいま、国際文化交流がどのように行われているのか。

メンドーサ氏 私は日本とフィリピンの合作映画「義足のボクサー(仮題)」の制作に取り組んできた。日本人、フィリピン人と一緒に仕事をしたが、言語は壁にならなかった。たとえ文化が違っても、互いに努力することで非常に有意義な交流ができた。

吉本氏 世界中の社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン