/

この記事は会員限定です

万葉集など学習、AIが和歌創作

「み吉野の山ほととぎす長き夜の山の都の春を待つかな」

[有料会員限定]

【北京=共同】日本古典文学の研究をしている中国西安交通大学(陝西省西安市)の金中教授(45)がこのほど和歌を創作する人工知能(AI)プログラムをコンピューター技術者らと共同開発した。日本の歌人も「新古今和歌集など八代集にあってもおかしくない出来栄え」と高く評価している。

金氏らはAIによる和歌翻訳を目指す過程で、創作プログラム「wakaVT」を開発。コンピューターに万葉集をはじめ20万首近くの和歌...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン