/

この記事は会員限定です

DV相談件数、過去最多に

男女間の賃金格差も一因

[有料会員限定]

配偶者やパートナーを傷つけるドメスティックバイオレンス(DV)の被害が深刻です。2020年度は内閣府の窓口に過去最多となる19万件の相談が寄せられました。新型コロナウイルスの感染拡大が被害の実態をあぶり出した面もありますが、専門家からは「被害を認識していない女性も多い」との指摘が聞かれます。

政府は20年、新型コロナ対策として国民1人に10万円を給付しました。申込書は世帯主宛てでしたが、DV被害者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン