/

この記事は会員限定です

受け入れ側の整備も課題

[有料会員限定]

社会的処方の「社会化」には、ケアの受け入れ側の整備も課題だ。特定のプロスポーツチームのファンが集まる居酒屋などどんなコミュニティーでも"処方先"として役立つ可能性があり、きめ細かな情報収集やデータベース化などが必要になりそうだ。また、そうした集まりには横の連絡はない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン