/

この記事は会員限定です

25歳大仕事、覇権を奪還

[有料会員限定]

男子100キロ超級で12大会ぶりに日本勢の覇権奪還が決まると、日本男子の井上監督は影浦を強く抱き寄せた。2012年秋の就任以来、使命感を燃やした「最重量級の再建」。大仕事を果たした25歳は「監督に金メダルを掛けられ、本当に誇らしい」と悦に入った。

準決勝までの4試合は我慢の戦い。決勝も指導1を先に受けた。3分すぎ、得意の低い体勢からの背負い投げで技ありを奪う。猛反撃を食らい、残り数秒で抑え込まれる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン