/

この記事は会員限定です

影浦、世界柔道100キロ超級V

最重量級、日本勢12大会ぶり制す

[有料会員限定]

柔道の世界選手権第7日は12日、ブダペストで男女各1階級が行われ、男子100キロ超級は初出場の影浦心(日本中央競馬会)が決勝でタメルラン・バシャエフ(ロシア連盟)に優勢勝ちして優勝した。

同級では2003年の棟田康幸以来、12大会ぶりに日本勢が頂点に立った。

女子78キロ超級は18年覇者で24歳の朝比奈沙羅(ビッグツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン