/

この記事は会員限定です

香港・周庭氏が出所

民主活動家扇動で服役、刑期短縮

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】無許可集会を扇動した罪で服役していた香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏が12日午前、刑期満了で出所した。2020年12月に禁錮10月の実刑判決を受けたが、模範囚として刑期が短縮された。香港警察は別件の容疑で捜査を続ける見通しだ。

周氏は19年6月に「逃亡犯条例」改正案への抗議活動で警察本部を包囲したとして、無許可集会への参加と扇動の罪に問われた。重罪犯を収容する大欖女子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン