/

この記事は会員限定です

福島の被災海岸に白い花戻る かつて絶滅危機のハマボウフウ

[有料会員限定]

かつて乱獲され福島県で絶滅の危険が高まったセリ科のハマボウフウが、東日本大震災の津波被害後に人の立ち入りが減った同県いわき市の新舞子ビーチで、数を増やしている。浜に群れなすカリフラワー似の白い花が潮風に揺れ、散策する人の目を楽しませていた。

この植物は園芸用や食用に人気で、約20年前に福島県の絶滅危惧2類に指定。その後、数が回復し201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン