/

この記事は会員限定です

避難先「密避け多様に」 今年の防災白書、コロナ反映

省庁の研修所活用 安全ならば自宅に

[有料会員限定]

政府は11日、2021年版の「防災白書」を閣議決定した。新型コロナウイルス禍での災害対策について、「密」を避けるため避難先の多様化が求められると指摘。自治体の指定避難所やホテルなどの宿泊施設に加え、各省庁の研修所など国の関連施設929カ所も避難先として活用するとした。

白書は、ハザードマップなどで自宅の安全を確認できた場合は「『3密』回避のためにも避難する必要はない」と明記。その上で、危険な場所に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン