/

この記事は会員限定です

各国、「データ主権」守る

置き場、自国内義務付けへ

[有料会員限定]

自由なデータ流通の重要性が叫ばれてきた一方、データの置き場所に対する各国政府の考え方は厳しくなってきている。

経済協力開発機構(OECD)によると、中国や東南アジア諸国、欧州連合(EU)など少なくとも40カ国・地域で、データを自国内に置くことを義務付ける規制が導入・検討されている。データセンター向け不動産で世界大手の米デジタル・リアルティは、規制の拡大を理由に今後、企業がデータ保管拠点を増やす動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン