/

この記事は会員限定です

イオンモール、全店再エネ

小売り各社、脱炭素加速 Jフロントは大阪旗艦店に導入

[有料会員限定]

小売り各社の脱炭素化に向けた動きが広がってきた。イオンは大型商業施設「イオンモール」の全店舗(約150店)について、2025年までに使用電力を全量再生可能エネルギーに転換する。J・フロントリテイリングも旗艦店で同様の取り組みを進める。小売業は製造業などに比べ対応が遅れている。環境配慮意識の高まりを背景に、脱炭素の動きを一段と加速する。

8日に開業した「イオンモール川口」(埼玉県川口市)。同施設は国内の大型商業施設で初めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン