/

この記事は会員限定です

ホンダ発、新興第1号

視覚障害者向け補助器具

[有料会員限定]

ホンダ発のスタートアップで第1号の企業が立ち上がった。視覚障害者の歩行補助器具を開発する。新事業創出プログラムを通じて起業を支援し、同社の出資割合は2割未満とした。スタートアップ化することで事業スピードを速め、ホンダらしい独創的な技術や製品を素早く社会に出す。

第1号となったのは、視覚障害者の歩行支援システムを開発する「Ashirase(あしらせ)」。現役のホンダ社員が最高経営責任者(CEO)を務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン