/

この記事は会員限定です

中国・滴滴、米で上場申請 今年最大の大型上場も

直近の評価額6.8兆円

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】中国の配車アプリ最大手、滴滴出行(ディディ)は10日、米国での新規株式公開(IPO)を米証券取引委員会(SEC)に申請した。直近の資金調達では企業価値の評価額が620億ドル(6兆8000億円)とされている。2021年を代表する大型上場となる可能性がある。

上場申請書類で開示した業績によると、20年12月通期の売上高は216億3300万ドル、最終損益は16億3000万ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン