/

この記事は会員限定です

「膠を旅する」内田あぐり監修

[有料会員限定]
「膠を旅する」内田あぐり監修 古来、絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤として世界中で使用されてきたのが膠(にかわ)だ。特に日本画制作では、画面と絵画を接着するものとしてなくてはならない重要な素材でもある。動物の皮や骨から生成されるゼラチンを主成分とする接着剤で、日本では主に皮革製品のくずが使用されている。しかし時代の変化とともに、伝統的な手工業としての膠は途絶えてしまった。本書では当たり前にあり、これまでほとんど顧みられることがなかった膠の過去と現在、そして未来へと焦点をあてている。
  研究者や画家などのコメントや、膠と関わりの深い土地の調査、論考など多角的に分析を行う。伝統文化と深く結びつきながら、なぜ伝統的な膠は途絶えていったのか。過去、現在、そして未来を考察する。歴史や背景を知ることで、膠は単なる修復材にとどまらない、生活に密着したひとつの文化だということがよく分かる。(国書刊行会・4180円)
「世界一の動物写真 増補改訂版」ロザムンド・キッドマン・コックス著 50周年を迎えた世界最高峰の写真賞「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」。137人の写真家がとらえた184枚を掲載する。動物と正面から向き合ったポートレートや水中撮影を駆使したものなど実に様々だ。
  一瞬を逃さず捉えた数々の写真は、これまでにまったく見たことのない新しい自然の姿を見せてくれる。キャプションも充実しており、各作品の革新性がよく分かる。動物に気づかれないよう、マジックミラーを使用したことなど当時の状況や写真家の狙いも詳述されており、撮影過程が分かるのも興味深い。尾澤和幸訳。(日経ナショナルジオグラフィック社・3960円)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り0文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン