/

この記事は会員限定です

株主総会の波乱要因に

25日に開催、取締役選任に反対も

[有料会員限定]

東芝の株主が選任した弁護士が2020年の株主総会を「公正ではない」と判断したことは、今月25日の定時株主総会の波乱要因になる。東芝側の監査委員会による調査は自社の対応に問題がなかったと結論づけていたからだ。物言う株主(アクティビスト)らが企業統治に対して疑義を訴える可能性がある。

昨年の株主総会について東芝は「(監査委員会が)外部の弁護士事務所を起用してメール約3万件を対象に調べるなどした。調査は可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン