/

この記事は会員限定です

DX、結果と目的を間違うな

[有料会員限定]

コロナ禍によりIT(情報技術)の導入が進んでいる。レストランの客はスマートフォンでメニューの確認・注文ができ、博物館などの案内方法も工夫が凝らされるようになった。企業も単なるIT化からデジタルトランスフォーメーション(DX)へと舵(かじ)を切っている。

DX化は「情報システム部」の延長ではない。現場業務の効率化は、結果であって目的ではない。例えば、埋もれているデータを一元管理し、全社で顧客データ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません