/

この記事は会員限定です

〈記者の目〉水素製鉄実現へ環境投資が重荷

[有料会員限定]

日本製鉄の業績は2022年3月期に急回復するが、不安材料も多い。特に中長期では環境投資は重荷となる。政府の脱炭素政策だけでなく顧客企業も鋼材の性能や価格に加え、鋼材生産時の環境負荷を考慮するようになっているからだ。

日鉄は50年までに二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指す方針を表明している。もっとも切り札と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン