/

この記事は会員限定です

佐渡―首都圏 空路結ぶ トキエア、来年就航へ準備

県も支援姿勢 誘客の追い風に

[有料会員限定]

新潟県佐渡市の佐渡空港と首都圏を結ぶ航空路線を新型機を使って就航しようと、2020年7月に誕生した地域格安航空会社(LCC)のトキエア(新潟市)が準備を進めている。県営の佐渡空港に発着する定期便運休から7年。県も新型機受け入れに備える。佐渡の空に再び機体が舞う日に向け、関係者の期待が膨らむ。

「22年中の就航へ準備しています」。5月17日夜、国際佐渡観光ホテル八幡館。長谷川政樹社長は佐渡市民向けの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン