/

AI面接、導入企業広がる

志願者の納得感に課題

[有料会員限定]

採用活動に人工知能(AI)を使うサービスが多様化している。面接自動化から志願者の行動特性診断の精度向上までAIの生かし方は様々で、導入企業が国内300社に達するサービスも登場した。デジタル技術の活用で業務効率は高まるが、志願者の抵抗感を減らすための丁寧な説明など導入の課題もある。

タレントアンドアセスメント(東京・港)の「SHaiN(シャイン)」はスマートフォンを使った面接サービスだ。アプリでは自...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン