/

この記事は会員限定です

富山交番襲撃で警備員遺族が提訴へ

「県警の初動に問題」

[有料会員限定]

2018年に富山市で起きた交番襲撃事件で、元陸上自衛官、島津慧大被告(24)=殺人罪などで無期懲役判決、控訴=に拳銃で射殺された警備員の中村信一さん(当時68)の妻が、県と被告を相手取り損害賠償計約2600万円を求め、富山地裁に11日に提訴することが分かった。「交番襲撃後の富山県警の初動対応に問題があった」としている。

妻側代理人弁護士が10日明らかにした。

弁護士によると、妻側は、島津被告が富山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン