/

この記事は会員限定です

前政権のTikTok禁止令をバイデン氏が撤回

司法判断を追認

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は9日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国内での提供や利用を禁じるトランプ前大統領の命令を撤回した。代わりに米国人の個人情報が流出しないような方策を検討する。

バイデン氏の動きは中国への強硬姿勢を維持しつつ、中国企業のアプリのリスクを抑えるための効果的な新規制を探るものだ。トランプ氏の大統領令は法的根拠が弱いとして、米国の裁判所に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン