/

この記事は会員限定です

感染症拡大時の保健所・病院、国が調整

骨太方針、自治体超え融通 政治主導明確に

[有料会員限定]

政府の経済財政諮問会議は9日、経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)の原案をまとめた。新型コロナウイルス対応を機に再検討すべき課題に「国と地方の新たな役割分担」を挙げた。保健所(総合2きょうのことば)への指揮系統を明確にし、病床も国が地域を越えて融通できるよう法整備する。首相官邸の意向を反映しやすい仕組みにし、政治主導で迅速に対処する。(関連記事経済・政策面に)

原案はコロナ禍での「医療提供体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン