/

この記事は会員限定です

ワクチン相場、侮るなかれ

運輸・不動産株優位に 「来月半ばまで持続」

[有料会員限定]

株価指数だけをみていると、相場の躍動感は日に日に落ちているように映る。大半の投資家は10日の米消費者物価指数(CPI)の発表待ちで、米金融政策の行方を見守っている。ただ個別銘柄に目を移せば、異なる風景が広がる。新型コロナウイルスのワクチン接種の進展を材料に関連銘柄が大きく動き始めた。

日本でもいよいよ「ワクチン相場」に本格的に火がついたようだ。

テイクアンドギヴ・ニーズ、ぴあ、串カツ田中ホールディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン