/

この記事は会員限定です

米議会占拠、情報生かせず

上院報告書「共有が不十分」

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】米議会上院は8日、1月におきた連邦議会議事堂の占拠事件に関する調査報告書をまとめた。警備にあたった議会警察がトランプ前大統領の支持者らによる襲撃の可能性を事前に把握していたにもかかわらず、情報共有が不十分だったと指摘。警備体制を強化できず、事態に対処できなかったと断じた。

上院の議事規則議院運営、国土安全保障・政府問題の2委員会が公表した。報告書は95ページに及び、占拠を防げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン