/

この記事は会員限定です

米求人、最高の928万件 4月

経済再開で急増 採用は横ばい、需給不均衡

[有料会員限定]

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が8日発表した4月の雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人件数(季節調整済み、速報値)は前月から99万8000件増の928万6000件となり、統計を開始した2000年12月以降で最高を更新した。経済再開を受けて求人が急増する一方、採用件数は横ばいで、労働需給のミスマッチが鮮明となっている。

米国では新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり、人々の外出が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン