/

この記事は会員限定です

ダイキン 中期経営計画「物足りず」

大型投資、利益率に懸念

[有料会員限定]

8日の東京株式市場でダイキン工業株が続落し、一時、前日比1030円(5%)安い2万0150円と年初来安値を付けた。7日に発表した2026年3月期を最終年度とする中期経営計画の内容が物足りないとの見方から、売りが広がった。終値は2万0520円と、同3%超安い水準で取引を終えた。

5月に発表した21年3月期の連結決算は減収減益だった。日経平均株価が大幅下落したタイミングとも重なり、発表翌日には株価が5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン