/

この記事は会員限定です

ランサムウエアの防衛協力、米がG7で呼びかけへ

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は7日、今週始まる主要7カ国首脳会議(G7サミット)でランサムウエア(身代金要求型ウイルス)への協調対処に向けた行動計画の策定を目指すと明らかにした。ロシア政府がハッカー集団を黙認していると断じ、国際包囲網をつくり、是正を求める。

サリバン氏は7日の記者会見で「米国の重要インフラに対するランサムウエア攻撃(への対処)は安全保障政策の優...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン