/

この記事は会員限定です

中国、オンライン教育標的 ネット企業へ規制広がる

市場の成長阻害要因に

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国当局がオンライン教育事業の規制に動き出した。新型コロナウイルスの影響で参入企業が相次いだが、教育費の高騰につながり、少子化を助長しているとの批判が日増しに強まっている。規制当局は虚偽広告があったなどとして大手15社に罰金を科した。中国ではネット関連企業への圧力が幅広い業種に広がっている。企業の成長を阻害する要因となりつつある。

「偽りの授業料をアピールして消費者を欺いている」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン