/

この記事は会員限定です

米国産の豚肉価格急騰「ポークショック」

先物、1年で3倍 投機マネーも流入

[有料会員限定]

米国で豚肉の先物価格が急騰している。現在の相場は昨年の底値の3倍を超える。新型コロナウイルス禍で養豚数が減っていたところに、コロナ禍からの消費回復で品薄になったためだ。穀物高で飼料価格が上がった影響も続くほか、投機マネーの流入も上昇に拍車をかけている。日本向けの価格にも波及してきた。

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の豚赤身肉先物(期近)は1ポンド120セント前後と6年10カ月ぶりの高値。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン