/

この記事は会員限定です

キャリア、介護業界に1000人派遣 コロナ下で新興勢動く

離職者を人手不足産業に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で職を失った人材を人手不足の産業に移動させようとする動きが新興企業の間で広がる。飲食業などの離職者を大量採用し、再教育したうえで介護業界に派遣したり、「在籍出向」をオンラインで仲介したりするビジネスが登場。今後、雇用調整助成金の縮小が予定される中で、中小企業の雇用維持に一役買いそうだ。

東証マザーズ上場の人材会社キャリアは今後1年間で1000人を雇用する計画だ。飲食や観光、航空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン