/

この記事は会員限定です

税金対策が争いの火種にも

弁護士 谷靖介さん

[有料会員限定]

相続関連の案件ではおおむね、遺産や相続人調査に3~6カ月、相続人の間の交渉に4~10カ月、家裁での調停になると1年~1年半、裁判官が判断を下す審判では4~6カ月程度の時間がかかります。遺産に占める現預金や有価証券の比率が高いと話はまとまりやすいですが、遺産の大半が不動産の場合は誰がもらうか、売るか売らないかで対立が長引きます。相続税対策として、評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン