/

この記事は会員限定です

マクドナルド「攻め」描けず

今期営業最高益でもさえぬ株価 膨らむ現預金、活用課題

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングス(HD)株への期待感がしぼんでいる。新型コロナウイルス下で持ち帰り商戦の先頭を走り、2021年12月期に営業最高益を見込むにもかかわらず、株価はさえない。背景には、長期の成長ストーリーを具体化しないまま現金が積みあがる「巣ごもり経営」への懸念がある。

足元の株価はコロナ禍の20年6月に付けた最高値(6270円)より2割低く、コロナ前の19年末比でも5%低い。業態は異なるが「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESは1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン