/

この記事は会員限定です

創造的破壊、米中独占は悲劇

[有料会員限定]

20年前の今ごろ、ジェフ・ベゾスという仕事の虫が経営するベンチャー企業の株価は1年前より71%も下がっていた。米アマゾン・ドット・コムが瀕死(ひんし)になったこの出来事は、IT(情報技術)バブルが崩壊するなかで、シリコンバレーの驕(おご)りを露呈した出来事のひとつだ。当時は米エンロンの140億ドル(約1.5兆円)に上る不正会計が発覚し、米企業への信頼は地に落ちた。

一方、当時の中国は国有企業の民営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン