/

この記事は会員限定です

収入証紙「廃止検討」4割

自治体、手数料デジタル化急ぐ 電子マネーで納付も

[有料会員限定]

運転免許証の更新料などを住民が自治体に払う際に使う「収入証紙」について、発行している都道府県・政令市の4割が廃止を検討していることが分かった。販売場所や時間が限られる上、電子マネーなどが普及し廃止しやすい環境が整ってきたためだ。行政のデジタル化に向け、旧態依然とした仕組みの見直しが急務になっている。

日本経済新聞が全国の都道府県・政令市の計67自治体を調査した。証紙を廃止したのは東京都や大阪府など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン