/

この記事は会員限定です

アプリ使ってのど自慢

飛沫気にせず大合唱

[有料会員限定]

長引く新型コロナウイルス禍で、すっかりマイクから遠ざかってしまったという「のど自慢」も少なくないだろう。以前のように飛沫を気にせず、思いっきりストレスを発散したい――。そんな需要を見込み、アプリやオンライン通信を駆使した音楽サービスが人気を集めている。

「こだわって作った曲をたくさんの人に聞いてもらえる」。秋田県大館市の音楽クリエーター、日景健貴さん(26)にとって、スマホ向け投稿アプリ「nana...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン