/

この記事は会員限定です

結婚・妊娠「コロナが影響」

21年版少子化白書、子育て支援など課題

[有料会員限定]

政府の2021年版「少子化社会対策白書」の概要がわかった。20年の婚姻件数と妊娠届け出数について「減少傾向がみられる」と指摘した。新型コロナウイルスの流行が結婚や妊娠に「少なからず影響を及ぼした可能性がある」と分析した。

政府が近く閣議決定する。白書は新型コロナの影響に関して「今後の推移を注視していく必要がある」と強調した。重点課題に安心して子育てへ取り組める環境整備や、結婚支援事業の年齢・年収要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン