/

この記事は会員限定です

75歳以上医療費2割、22年度後半に

関連法成立、所得に応じ負担

[有料会員限定]

一定の所得がある75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法が4日の参院本会議で可決、成立した。高齢者に給付が偏り、現役世代の負担が重い社会保障制度を見直し、高齢者に能力に応じた負担を求める。(関連記事総合2面、特集面に

導入時期は2022年10月~23年3月までの間で、今後政令で定める。関連法では育児休業中の社会保険料免除対象を22年10月から拡大する。ほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン