/

この記事は会員限定です

香港、消えゆく言論の自由 天安門事件から32年

追悼集会禁止、統制強まる

[有料会員限定]

【香港=木原雄士、北京=羽田野主】中国で民主化を求める学生らを軍が鎮圧した1989年の天安門事件から4日で32年となった。習近平(シー・ジンピン)指導部は7月の中国共産党創立100年を控え、統制を強めている。言論の自由が保障されていた香港でも追悼集会が禁止され、数千人の警察官が厳戒態勢を敷いた。

4日午後、香港大学の学生が構内にある事件の慰霊碑を磨いた。毎年6月4日に実施している恒例行事だ。参加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン