/

この記事は会員限定です

岩谷産業、23年度までに水素事業600億円投資

日米にステーション

[有料会員限定]

岩谷産業は4日、2023年度までの3カ年で水素事業に600億円を投資する中期経営計画を発表した。燃料電池車(FCV)の燃料を補給する水素ステーションを日米で9割増の計106カ所に増やす。水素は次世代エネルギーとして需要が拡大するとみて重点投資する。

水素ステーションは国内で23年度に20年度比6割増の83カ所に、米国では同約6倍の23カ所にする。併せて国内で岩谷産業だけが生産と販売を手がける液化水素の販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン